「運営情報」カテゴリーアーカイブ

緊急メンテナンス実施のお知らせ

本日早朝よりサーバーの不具合が起きていたことが発覚しました。このため、現在緊急メンテナンスを行なっております。

現在、早急な修正に向けて対応を進めておりますが、対応に時間を要してしまっている状況です。

大変申し訳ありませんが、メンテナンスの終了時刻などの詳細につきましてはあらためてお知らせさせていただきます。

メンテナンスは終了いたしました。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

運営継続へ向けて

こんにちは。
サバイバールPGの
ゲームデザイナー、友野です。

リニューアルの準備も整えつつ
現在鋭意作成中の
「サバイバールPG」ですが
運営再開に向けて避けては通れない問題が。

それはなぜ前回は運営が続かなかったのか?
です。

ここを疎かにすると
また同じことの繰り返しです。

なぜ続かなかったのか。

有り体に言うと
(ちょっとあまり良くない言い方かもしれませんが)
「あまりに忙しくなったから」
ですね。

まあ社員が僕入れて4人だったんで
いつもいそがしいんですけど。
あの時期は特にそれが過熱気味で。

まず、レイドボスの仕組みが面白い、
みたいな話で「ニコニコ超会議」に
呼ばれてその準備、

また一部同じ理由で
スマホ用ゲーム「トラウマスター」の
制作も開始され。

(ちなみに先日発表されたNintendo Switchの
ゼノブレイド2のキャラデを
トラウマスターの齋藤将嗣さんがやっていて
びっくりしました。

メタルマックス3の廣岡政樹さんが
パルテナの鏡を担当されたり
何とも言えない数奇な運命?を
感じなくもないですね。
上手い人がすごい仕事する、
当然の帰結ともいえるんですけど。)

で、まあサバイバールの運営って
当時はすごい高カロリーで、
声優の小林裕介さんと香月かぐやさんを
毎週パーソナリティとした
「サバイバールTV」というニコ生番組も
作っていたりして。

さらにはもはや
なんの意味があるのかわからないですが
2日に一度はゲームプレイ動画を上げる、
みたいなちょっとおかしなことになってました。

ちなみにこれは全部
ほぼ当初の4人でまわしてます。

で、あまりにもあまりなんで

レイドボスのシステムを買われて
超会議でコーナー担当、サバイバールTVも企画参加、
みたいなことを経て、
これでいったん落ち着けて、
トラウマスターに集中しないと、
という整理にしたわけです。

で、トラウマスターも落ち着き次第
運営を再開しようと考えて履いたものの
トラウマスターもけっこう長丁場になりつつ、
そちたらもそちらで運営とかもあって
色々立ち行かぬ・・・。

そもそも!
人数足りてなくない?
この会社?

と、そこでようやく気づく、
そこから増員、で、今やっと10人。

そういう経緯がありました。
だからといって何かがOKになる、
とは全然考えていませんが、
まずは起こったことをありのままに。

まあ、今回の話は楽屋落ちなので
言うべきか迷ったんですけど、
事実は事実として残しておこうと。

こんな感じで、僕としては深い決意とともに
リニューアルに向け動いております。

どうぞ、お楽しみに!

リニューアルのボリュームはどのくらい?

こんにちは。
サバイバールPGのゲームデザイナー、
友野です。

サバイバールPGの
システム的なリニューアルについては
さて色々仕組みが変わって
あそびやすくなると
理解していただけたかと思いますが
その上で
「実際どうなの?」
「できてんの?」
とか
「運営やれんの?」とか。

そういう疑問も尽きない本作だと思います。

前回もお話したように、
セット装備やアイテムは全部で
300近いデザインが作成済みです。

その一部をお見せしますと・・・

こんな感じですね。
なんかフンイキかわったと
思いませんか!?

こういう感じで色々あります。

あと、ストーリー的には

<モグラ森>
→ボスである巨大モグラ「落奈落(ラグナロク)」が
 各地に空いた巨大穴に登場!
 それをモグラたたきのように各地で迎え撃つ
 プレイヤー!

とか
<ゲロ湿地>
マダム・ゲロとヘビーGの
あくなき種族間紛争!とか

<砂漠>
砂漠に咲いた一輪の花、
フンコロガシの「フンコ」との心の交流!
(いやそれは一部でボスとかはゼンゼン別の話だな・・・)

とか、ここまではシナリオもできてまして
一部調整を残すのみ、ですね。

で、その続きは以下のように考えてます。

<山地(名前はまだない)>
広大な山地に飛び交う巨大ワシ
「群鷲ゲシュタル」の脅威!
地上からではこちらの攻撃が届かない!
このままではつつき殺されるだけの状況下、
あなたならどうする?

とか

<聖地>
島の中心には1000日せいぞんを
達成したものだけが入れるという
秘密のシェルターがあるという。
その奥にはこの島の秘密が・・・!

とか、
一応ストーリーの終的なものも
大体決まってて、まあ今絶賛書き直し中・・・
2~3回くらい完成したと思ったんですけどね。
その都度全部捨ててやり直しの
現在第5ラウンド突入、みたいな感じでしょうか。

開示は各ステージごとに
順番にやっていこうかなと思います。

まあ、けっこうガンバって
つくってます。

運営の継続性が最大の課題と捉えていますが
これは本当に高い壁だと思います。

でも、がんばります。

どうぞ、生まれ変わった「サバイバールPG」を
お楽しみに!

レイドボスという魔物

こんにちは。
サバイバールPGの
ゲームデザイナー、友野です。

今日も引き続き、
サバイバールPGの
リニューアル内容について
お話していきます。

今回は
本作の特徴でもあった
「レイドボス」について。

これは
プレイヤーみんなで
1体の巨大なモンスターを攻撃し、
その累計ダメージでこれを
やっつける、という斬新な仕組みを持った
多人数戦闘システムです。

え?
どっかで聞いたことがある?
そんなバカな!
これは当時業界でもどこもやってなくて
どこで話しても大ウケ必死の
弊社珠玉のネタなのに!

え?
FGO?
魔神柱?

そうなんですよねー。
当時はどこもやってなかったんですけど
今や業界最大手がやっちゃってて

あー、うちの特徴1個つぶれたなーとか
けっこう貧血と鼻血が同時に発生、
みたいな感じだったんですけど、

まあ、言ってしまうと
そんなに難しい処理でもないし
ネタはWOWでも似たような構造のイベントはあったり
したので、まあ、
改めてここは「後発」として
きっちり考え直していきたいと思います。

具体的にどうするかというと、
サバイバールPGにではここに
「投票」の要素を組み合わせます。

サバイバールPGの各地では
「化石」というアイテムが手に入るんですが
これを弊社のレイドボスにみなさんで
投入していただいて、各化石が一定の数を超えると
その数に応じてレイドボスが姿を変える、
というかレイドボスが持っている装備の形が変わります。

ややこしいのでまとめると

ゲーム内で化石入手

それを休眠状態のレイドボスに投入

その数に応じてレイドボスの形状変化

撃破すると、そのレイドボスの
形状に応じた装備がゲーム内で入手可能に。

みたいな感じです。

たぶんプレイ感も
2~3日かけてでかいボスたおす、
(その様子は随時生放送)という
感じになるでしょう。

まあ、どちらかというと
当初想定に近づいただけという感じなんですが。
(なので今のプレイヤーさんには化石の存在が
 やや「?」だったと思います。すみません)

今回は週一回レイドやって
装備品目増加、みたいな流れが
きちんと取れると思います。

ちなみにセット装備は70セット、
アイテム数で言うと300個くらいの
ストックが現在作成済です。

作成予定じゃないですよ。
「作成済み」です。

そう、本気なんです、ぼくたちは。

そんなサバイバールPG、
リニューアルにむけてがんばってます!

どうぞ、どうぞ、お楽しみに!