「巨大シンボルモンスター」の系譜

こんにちは。
サバイバールPGの
ゲームデザイナー、友野です。

今回はリニューアルに伴い
配置されることになった
「巨大シンボルモンスター」について
お話します。

まず、「巨大シンボルモンスター」ってなに?
というところからですが
これは具体的に言うと
こういうことです。

はい、ドン!
本邦初公開!


(画面は開発中のものです)

・・・どういうことか?

わかりませんか?
いや、わかるはずです。
数あるゲームから
こんな辺境の逸品、
「サバイバールPG」を
見つけ出し、その開発ブログまで
読むようなあなたなら、
この光景に見覚えがあるはずです。



・・・そう、これは
「FF15」や「ゼノブレイド」なんかでも
やってる
「ゲーム初期からフィールド上を
 勝てそうにないとんでもなくデカイのが
 うろついてる」

というシーンです。

ただ、そういう光景とは、
志は同じでも
かかっている予算が
1000倍ほどちがうので
直感的にはつながらないかもしれません。

もともとこのあたりの思想って
「ネットゲームぽい体験をオフラインでさせる」みたいな
文脈だと思うんです。

今時のゲームデザイナーは
けっこうオンゲーの薫陶を受けている人が
多いですからね。

で、特に日本だと
「オンラインのあの体験をしたい、
 でもMMOとかちょっと時間が」
みたいなケースが多いのかな?
詳しいことはわかんないですけど
とにかく最近の大作系では
よく見る表現です。

でも、
こういうことは
僕もゲームデザインお手伝いしてました
メタルマックスシリーズとかでは
そういう大作系に先駆けて
かなり前からやってることなんですよね。

で、その時も表現の問題とかで
大作系と同じ志があるってことは
わからなかったかもしれない。

今後もわかってもらえないかもしれない。

まあそれはいいんですけど
これはグラフィックを越えた部分で
ゲーム的に極上の体験の一つだってことを
僕は身にしみて知ってるわけです。

なのでリリース時にはリソースの問題とかで
間に合ってなかったですが
今作「サバイバールPG」でも
リニューアルに向けてはやるしかないし、
思想的には、かなり昔からやってることもあって、
僕はこれをけっこううまくやれると思うんですよね。

だから、言えるのはつまり、
こういうことです。

絵だけ見ると、そう思えないかもしれない。
でも「サバイバールPG」をやれば
大作系に劣らない、最高のRPG体験を
ご提供します。

ただし、あなたの尽きない想像力に
お手伝いを頂く必要はありますが。

ハードコアゲーマーなら
見てみよう、やってみよう、
そんなサバイバールPG!

どうぞ、お楽しみに!!