ゲームのパラメータの決め方

こんにちは。
サバイバールPGの
ゲームデザイナー
友野です。

今回はゲームのパラメータの
決め方についてお話していきます。

パラメータと言っても
色々ありますので
まずは一般的なRPGについて
説明していきます。

まず最初に
「そこにいる敵を何回ぐらい殴ったら倒せるか」を
決めます。

これを決めるということは

「そこにいる敵」のそこってどこ?
レベルいくつで到達する想定のとこ?
とか
その時プレイヤーはなにで殴るの?
とか、
いろんなことを
決めることになってきます。

順番は以下の通り。

そのモンスターのいる場所は
大体レベル10くらいで到達するはず。

なのでそのときのプレイヤーの攻撃力は
このくらい。近くで売っている武器で
最大これくらい補正される。
なので守備力とHPはこれくらいで・・・

おお、なんかいろんなことが決まってきた。

確かにこの辺り、
決めるのはかんたんです。

でも、大体RPGって敵が100体とか出てきますし
(サバイバールPGででも今回リニューアルでは
 基本画材だけで80とか用意しました)
「あ、ここ強くするとこことの差が開きすぎて
 全体のバランス悪いな・・・」
とか
この調整はほとんど無限に続きます。

アクションだと数はそこまでないにせよ
モーションとフレームの設定とかがけっこう大仕事です。

ここで注意!

パラメータはたたき台までは早い。

しかしその後の調整が膨大(というか無限)

いつかどこかで見切る必要がありますが
そのためには「このぐらい」という
指標をしっかりと持っておくことです。

ゼルダのような完璧なバランスを目指すのか?
ダークソウルのような一部の人に取っては
破綻に近いなにかも許容なのか、
DAYZとかARCみたいな「作りかけ丸出し」でも
リリースして届けたい体験があるのか。

そこは趣味です。
僕の趣味は基本的にサバイバールPGに
集約されていますので、
そちらもぜひお楽しみいただければ。

それではまた。