運営継続へ向けて


こんにちは。
サバイバールPGの
ゲームデザイナー、友野です。

リニューアルの準備も整えつつ
現在鋭意作成中の
「サバイバールPG」ですが
運営再開に向けて避けては通れない問題が。

それはなぜ前回は運営が続かなかったのか?
です。

ここを疎かにすると
また同じことの繰り返しです。

なぜ続かなかったのか。

有り体に言うと
(ちょっとあまり良くない言い方かもしれませんが)
「あまりに忙しくなったから」
ですね。

まあ社員が僕入れて4人だったんで
いつもいそがしいんですけど。
あの時期は特にそれが過熱気味で。

まず、レイドボスの仕組みが面白い、
みたいな話で「ニコニコ超会議」に
呼ばれてその準備、

また一部同じ理由で
スマホ用ゲーム「トラウマスター」の
制作も開始され。

(ちなみに先日発表されたNintendo Switchの
ゼノブレイド2のキャラデを
トラウマスターの齋藤将嗣さんがやっていて
びっくりしました。

メタルマックス3の廣岡政樹さんが
パルテナの鏡を担当されたり
何とも言えない数奇な運命?を
感じなくもないですね。
上手い人がすごい仕事する、
当然の帰結ともいえるんですけど。)

で、まあサバイバールの運営って
当時はすごい高カロリーで、
声優の小林裕介さんと香月かぐやさんを
毎週パーソナリティとした
「サバイバールTV」というニコ生番組も
作っていたりして。

さらにはもはや
なんの意味があるのかわからないですが
2日に一度はゲームプレイ動画を上げる、
みたいなちょっとおかしなことになってました。

ちなみにこれは全部
ほぼ当初の4人でまわしてます。

で、あまりにもあまりなんで

レイドボスのシステムを買われて
超会議でコーナー担当、サバイバールTVも企画参加、
みたいなことを経て、
これでいったん落ち着けて、
トラウマスターに集中しないと、
という整理にしたわけです。

で、トラウマスターも落ち着き次第
運営を再開しようと考えて履いたものの
トラウマスターもけっこう長丁場になりつつ、
そちたらもそちらで運営とかもあって
色々立ち行かぬ・・・。

そもそも!
人数足りてなくない?
この会社?

と、そこでようやく気づく、
そこから増員、で、今やっと10人。

そういう経緯がありました。
だからといって何かがOKになる、
とは全然考えていませんが、
まずは起こったことをありのままに。

まあ、今回の話は楽屋落ちなので
言うべきか迷ったんですけど、
事実は事実として残しておこうと。

こんな感じで、僕としては深い決意とともに
リニューアルに向け動いております。

どうぞ、お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です